あくまでも噂なんだけどね

先月抽せんが行なわれたグリーンジャンボの5等は1000円で、下2ケタを3本抽せんしたというのを覚えていますか。それまでは下2ケタを1本抽せんし、金額は3000円でした。

どちらも、「100枚を通しの連番で買うと3000円が当たる」という意味では同じなので、これからのジャンボは「3000円が1本」から「1000円が3本」に変わるのでしょう。
…と思ったら来月のドリームジャンボでは、また「3000円が1本」に戻っています。

ではなぜ先月のグリーンジャンボだけ、「1000円が3本」になっているのでしょうか。その答は、もし「3000円が1本」だったらどうなっていたかを考えれば見えてきます。

※以下の当せん番号は、今回の説明用に再設定したものです。

◎1等 1億5000万円  01組 111111
◎1等の前後賞 2500万円  1等の前後の番号
◎1等の組違い賞 10万円  1等の組違い同番号
◎2等 1000万円  組の下1ケタ2組 122222
◎3等 100万円  各組共通 133333
◎4等 10万円  下4ケタ 4444
◎5等 3000円  下2ケタ 55
◎6等 300円  下1ケタ 
◎春のおとずれ賞 1万円  下3ケタ 777
◎春のおとずれ賞 1万円  下3ケタ 888
◎春のおとずれ賞 1万円  下3ケタ 999

バラで10枚を購入し、その内訳を「01組111111、02組122222、03組…~…177777、08組188888、09組199999」の10種類とします。
「1等の前後賞」は必ず「1等」と同じ組になります。しかしバラで買った場合、同じ組は入りません。したがって、バラの中に1等があれば前後賞は入っていませんし、前後賞のどちらかがあれば1等は入っていません。
ですから「5等3000円・下2ケタを1本抽せん」と設定すると、バラで10枚を買った時点で抽せんを待たずして少なくとも1枚はハズレくじを買わされるということになります。

以上の理由により、今年のグリーンジャンボでは「3000円1本」ではなく「1000円3本」になりました。

他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2009-04-01 08:03 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/10680056
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。