ドッキドキ!ご当地クーちゃん

現在販売中のスクラッチ『ご当地クーちゃん』には、「ラッキー3」と「タテ・ヨコ・ナナメ」の2種類があります。今回のスクラッチは、どちらも最後まで削らないと当たりハズレがわからない可能性があるというのが特徴です。
※「当たりハズレがわからない」と言い切らずに「可能性がある」と書いたのは、最後まで削らなくても判別可能な場合があるからですが、一般の宝くじファンの方はそこまで気にしなくても結構です。

ところで、もっとドキドキできるスクラッチを考えてみました。本当は賞金や本数なども手直ししたいところですが、今回はスルーさせてください。宝くじ券のフォーマットはラッキー3と同じで、削るワクが6つあります。1つのワクからは「クーちゃん」または「ハズレ図柄」のどちらか1つが現れます。6つのワクをすべて削り、出て来た組み合わせにより等級が決まります。

★プロの宝くじ評論家が考えた新スクラッチ案★
クーちゃんが5つ → 1等 (50万円)
クーちゃんが4つ → 2等 (10万円)
クーちゃんが3つ → 3等 (1万円)
クーちゃんが2つ → 4等 (1000円)
クーちゃんが1つ → 5等 (200円)
全部ハズレ図柄 → ご当地クーちゃん賞 (7万円or宿泊券)


これなら、思いっきりドキドキできると思いますが、いかがでしょうか。皆さんからのご意見、お待ちしております。

他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2009-05-06 22:19 | ★スクラッチ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/10997493
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。