期待値という名の罠

※今回の記事では「宝くじ」と比較する目的で「競馬」をとりあげました。オートレースや競艇でもいいのですが、最もメジャーでわかりやすいと思ったためです。しかし、「競馬」や「競馬を楽しむ方」を非難するつもりは決してありませんので、その点はご理解願います。


皆さんは『期待値』という言葉をご存知でしょうか。
例えば、ロトやナンバーズといった数字選択式宝くじでは、販売額のうち45%が当せん金に割り当てられます。したがって「100円あたりの期待値は45円」になります。もしくは、一口が200円なので「一口あたりの期待値は90円」とも表現できます。
100円買ったら45円が戻って来るということで、還元率は45%ですね。

ところで、皆さんの周りにこんなことを言う人はいませんか。
「宝くじって、半分以上が胴元に持って行かれるんだよね。だから俺は競馬をやるんだよ。宝くじの還元率は45%しかないけど、競馬は75%もあるんだぜ!」
この方の言っていることは正しいです。でも、宝くじのプロとしてはここで引き下がるわけにはいきません。

それでは、その方に私から質問します。
「還元率が87%という宝くじがあれば、あなたは競馬をやめて宝くじを買いますか?」
もし、宝くじよりも還元率が高いという理由で競馬を選んだのであれば、それよりも高い還元率のものに乗り換えるべきですよね。そうでなければ、あなたの言っていることの辻褄が合わなくなります。

さて、私の説得(笑)の甲斐あって、その方が「還元率87%の宝くじ」を買うことになったとします。

★第1回 高還元率宝くじ★
単価:1枚300円
販売数:1000万枚(30億円)を1ユニットとして、ユニットごとに順次販売
当せん等級・本数:1等 290円 900万本
※上記は1ユニットあたりの本数です。この宝くじの等級は1等のみで、下1ケタの数字を9つ抽せんして決めます。なお、宝くじの抽せんルールにより、同じ番号が抽せんされた場合は、あとの方をやり直します。


これが「還元率87%の宝くじ」の概要です。買えば買うほど損するので、実際に発売することは無いと思います。でも、「期待値が高いから」という理由で競馬を選んでいるあなたは、絶対に買ってくれるんですよね!

現在販売中の『ドリームジャンボ』と『ミリオンドリーム』は、期待値(還元率)だけを比べたら『ドリームジャンボ』の方が有利です。しかし、上に書いたことも考慮すると『ミリオンドリーム』が有利になります。
今回、購入代行のお申し込みをいただいている内訳を見ますと、圧倒的に『ドリームジャンボ』が多くなっています。やはり『ひょっとしたら3億』というのが魅力かもしれません。

あっ!先ほどの競馬なんちゃらの方へ、大事なことを言い忘れました。
サマージャンボ(←クリックしないでね!)オータムジャンボ(←これもクリックしないでね!) には必勝法が存在しますが、競馬にも必勝法があるんですか?」

他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2009-05-23 16:21 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/11133641
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。