今、このTV番組が面白い!

4月23日にKBS京都のスタジオで第2236回近畿宝くじの抽せんが行われ、その模様が1時間の番組として放送されました。今回はそのレポートをお送りいたします。

番組の冒頭、お笑いコンビ「恋愛小説家」のお二人がエジソン碑の前から「二毛作!」というギャグをかましてくれました。一抹の不安を抱きつつ、スタートです。
f0070359_23115714.jpg
会場には、ハガキで応募して当せんした約20名の宝くじファンもいらっしゃいますが、特にインタビューもなく、目だった格好の人もおらず、不安は増すばかりです。続いてゲストの森山愛子さん、そして宝くじ幸運の女神の吉村千明さんの登場です。「吉」の正しい表記は上半分が「土」(元モー娘。のよっすぃ~と同じ)ですが、変換されないためご容赦願います。吉村さんは緊張のせいか、ザブングルの力こぶに匹敵するくらい、終始カッチカチ状態でした。

その後、京都府総務部財政課長の風早正毅さんにインタビューするコーナーがありましたが、さすがの私もこの部分は早送りで飛ばしました。それから、地元にちなんだクイズで時間を消費した後、いよいよ「あの方」の登場です!
f0070359_2313992.jpg
ピンクの汚れた悪魔ではありません。ゲストの皆さんにスクラッチを渡し、一斉に削り始めますが…全部スカ。なぜ当たりを仕込まない?

スクラッチの不幸を忘れるかのように、すかさずエピソード紹介のコーナー。サマージャンボの組違い10万円のおすそわけということで1万円をもらい、それで年末ジャンボのバラ30枚を買ったら、1等の2億円に当たったんだそうです。そんなエピソードを聞かされたところで、宝くじの当せん確率がアップするわけでは…ゴニョゴニョ。
ゲストの森山愛子さんの歌のあと、いよいよ1等1500万円の抽せんです。4名の立会人が紹介され、そのうちの1人は地元ファン代表として丹後きものクイーンの仲川直美さんが努めます。素人でも簡単にできるのが立会人のいいところです。そして抽せんのお手伝いをしていただくのは、京都府内にお住まいの2人。(←だから誰だよ?)

発射された矢が全て刺さり、順番に数字を読み上げていきます。そして、お約束の「これはキワドイですね!」が出ました。
f0070359_2314510.jpg
わざわざ確認をするまでもなく誰がどう見ても「4」だと思うのですが、司会の方は「キワドイ」と感じられたそうです。逆に、その次のケタの方がキワドイ状態でしたが、こちらはあっさりとスルーでした。
次回は6月18日に神戸のジーベックホールで行われる抽せんの模様が放送されます。…って、明日ですね。
f0070359_22142529.jpg

他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2009-06-17 22:15 | ★宝くじ | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/11329871
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by すぴか at 2009-06-19 13:50 x
なんですか、その得たいのしれない色褪せたパンツを被っている怪物は!?

絶対に、私の方がカワイイと思います(爆)
Commented by 宝くじ評論家OSALIN at 2009-06-19 17:16 x
すぴかさん、コメントありがとうございます。
お尋ねの怪…じゃなくてキャラクターは、スクラッチの座をクーちゃんに奪われ、今ではテレビの営業で全国を旅しているケズリスといいます。
ところがこのケズリス、昨日の放送でとんでもないコトをやらかしました。詳細はまた後日、乞うご期待。ホントに期待してていいですよ(笑)