細かい話でごめんね【後編】

とっても大切なことなので、2009年9月27日の記事を参議院議員バージョンに再編成してお送りします。

昨日・7月11日の参院選で当選した議員には、7月の歳費(給与)として1ヵ月分の約130万円が支給されます。7月の在任期間は7/11~7/31の21日間ですが、「たとえ1日の在任期間でも1か月分が支給される」と法律により決められているため、1ヵ月分の満額が支払われるのです。日本は法治国家ですから、法律で決まっているのなら文句は言えません。しかも「こんなにもらえません。21日分だけ受け取り、在任していない10日分の約40万円は返します!」と言って自主的に返納すると寄付行為に該当するため、それもできません。

そこで、プロの宝くじアドバイザーが合法的に全ての国民に対して還元する方法を考えました。「今回の選挙で当選した参議院議員の皆さん、多くもらったお金でナンバーズ3のミニを『100通り×20セット=40万円』買いましょう!」ただし条件があります。当たっても換金しないでください。これにより、次の2つの収益金が発生します。

①購入の時…購入した宝くじ売場が存在する都道府県(政令市)に16万円が入ります。
②時効の時…40万円分を購入すると18万円が当たる計算になり、それが時効になると全国の都道府県(政令市)に販売割合に応じた金額が分配されます。つまり、北海道で買ったクジが時効になったら沖縄県でも恩恵を受けられるのです。

「40万円分をそのように買うのは大変だよ」と言われる方は、妥協案としてクイックピックでも良しとします。やり方は、まずナンバーズ3の申込カードを1枚もらい、A~Eのクイックピックとミニ、各口数と継続回数の10をマークするだけです。全部でたったの12ヵ所です。それを売場に持って行き「これを4回、機械に通して」と言い、40万円を払えば完了です。とっても簡単でしょ!

なぜロトではなくナンバーズなのかというと、ロトは5回継続までしか買えないため2倍の手間がかかるうえに、ナンバーズほど当せん金が確定していないからです。また、なぜサマージャンボではなくナンバーズなのかというと、40万円分のジャンボの重さは約1.5キロですが、40万円分のナンバーズなら約20グラムだからです。あとは、サマージャンボで必勝法を使われたら困るからというのもありますね。

当選された議員の方からのコメント、お待ちしております。もし、この案よりも良いものがあれば、ご連絡ください。ちなみに前回の衆院選の時は、どの議員からもコメントが寄せられませんでした。

他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ(ギャンブル全般もしくは宝くじ・ロトのどちらかが表示されます)
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2010-07-12 01:38 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/14171033
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。