末等は必要だと思いますか?

1等 2億円 10本
1等の組違い賞 10万円 990本
2等 100万円 200本
3等 10万円 2000本
4等 1万円 2万本
5等 5000円 20万本
6等 300円 400万本


上に挙げたのは、9月17日(金)まで販売されている「宝くじの日記念くじ」の賞金条件です。1枚500円なのに末等が300円ということで不満に思われるかもしれませんが、今回は10枚(5000円)買うと300円が2枚(600円)当たります。いつものジャンボなら確実に戻って来るのは1割なので、末等のみを考えればこちらの方がお得と言えます。

ところで、思い切って末等を廃止し、それを1等に振り分けるとどうなるでしょうか。なんと、1等2億円の当せん確率はジャンボ宝くじの8倍になるのです!

1等 2億円 16 ←6等の賞金を1等と組違い賞に振替えて微妙な修正を加えました
1等の組違い賞 10万円 1584
2等 100万円 200本
3等 10万円 2000本
4等 1万円 2万本
5等 5000円 20万本


ただ、末等を廃止した宝くじは販売実績が伸び悩む傾向にあります。今年のミリオンドリームに、下1ケタの末等が新設されたのもそのような理由によります。そこで、次のようにした方が面白くて魅力的だと思います。

1等 2億円 10本
1等の組違い賞 10万円 990本
2等 100万円 200本
3等 10万円 2000本
4等 1万円 2万本
5等 5000円 20万本
6等 600200万
 ←金額を2倍にして本数を半分にしました

これならば、プロの宝くじ評論家(当時は宝くじ研究家)が過去に公共の電波で提唱した「末尾を揃えて買うことにより、末等さえ当たればプラスになる!」という方法が使えますからね。
f0070359_21392541.jpg
f0070359_21393717.jpg


各種宝くじのご購入 【宝くじの福助】購入代行サービス
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ(ギャンブル全般もしくは宝くじ・ロトのどちらかが表示されます)
★このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2010-09-12 21:41 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/14584513
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。