ナンバーズ超オカルト論

「こんなことなら、1口ではなく10口買えばよかった…」
ナンバーズやロトが当たったとき、上のように思った方は決して少なくないはず。某宝くじ評論家は「1000口買えばよかった」と悔しがるそうです(笑)

ところで、口数を増やして購入した場合に変わるのは「当せん金額」や「当せん口数」だけではありません。「販売金額」も当然ですが変わります。例えば、本日抽せんのナンバーズ3の販売額は8012万9800円です。特に何の特徴もないような数字です。これが8000万0000円や8888万8800円なら、「おっ!今回はピッタリ8000万円だ」とか「8並びとは珍しいね」などと思うことでしょう。また、「80129800は何の特徴もない数字」と書きましたが、発射スイッチ担当者の携帯番号が「80129800」だとすれば、特徴は大アリになります。以上のことが原因で、抽せんに携わる人の心理が動き、抽せん機の矢を発射するタイミングがズレたりしたら…。

完全に機械任せであれば心の動揺など有り得ません。しかし、少なくとも人の手が介入しているわけですから、絶対に無いとは言い切れません。誰かが買い足したことによる販売金額の増加、誰かが買いそびれたことによる販売金額の減少、それらの要素が複雑に絡み合うことで、あなたの当せんが実現したのかもしれないのです。

なお、販売金額など一部のデータを除き、今回の記事内容はフィクションです。





あなたがそれを信じない限りは…


各種宝くじのご購入 【宝くじの福助】購入代行サービス
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ(ギャンブル全般もしくは宝くじ・ロトのどちらかが表示されます)
★このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2010-10-12 22:46 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/14778063
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。