こんなときだからこそ真剣に考えてほしいこと【後編】

【前編】をご覧いただいた皆さんの中には、既に続きをズバリと予想されたかたもいらっしゃるようで、本当に嬉しい限りです。それでは 3月29日 の続きです。

第607回ミニロトの1等は 812万2200円 でした。これは 812万2249円 の100円未満を切り捨てたもので、その切り捨てられた 49円 を震災復興に使ってもいいと思うのです。
ただし、それをするためには 法改正をする必要 があります。
しかし、それを逆に解釈すれば 法改正すれば可能 ということです。

ところで「49円だけ寄付してどうするの?」と思われるでしょうか。
1等は1口だけではありません。29口ありますよね! 49円×29口=1421円
ミニロトの等級は4等までありますよね!
2等の本来の金額は 141016円 なので、切捨金16円×120口=1920円
3等の本来の金額は 8806円 なので、切捨金6円×3330口=19980円
4等の本来の金額は 893円 なので、切捨金93円×85865口=798万5445円
合計すると、3月29日のミニロトで発生した端数切捨金は 805万6550円 になります。

まだまだ続きますよ。

ミニロトの抽せんは3月29日だけではありませんよね!
3月22日の第606回ミニロトの端数切捨金の合計は 294万2680円
3月15日の第605回ミニロトの端数切捨金の合計は 393万9550円
3月8日の第604回ミニロトの端数切捨金の合計は 665万0160円
3月1日の第603回ミニロトの端数切捨金の合計は 336万6350円
1ヵ月間の合計金額は、なんと 2495万5290円

数字選択式宝くじは、ミニロトの他にもありますよね。毎週木曜(4月からは月曜も追加)抽せんの「ロト6」、月曜から金曜まで毎日抽せんされる「ナンバーズ3」と「ナンバーズ4」、これらの抽せんでも端数切捨金は毎回発生しています。

せめて、震災発生後に抽せんされたものからでも構いません。1年間や2年間といった期限付きでも結構です。端数切捨金を義援金として適用してもらえませんか。全ての宝くじファンが、きっと同じことを思っているはずです。私はそう信じています。関係者の皆様、どうか御検討をよろしくお願いします。


各種宝くじのご購入 【宝くじの福助】購入代行サービス
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ(ギャンブル全般もしくは宝くじ・ロトのどちらかが表示されます)
★このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2011-03-31 23:59 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/15743161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。