ドリームジャンボは本日最終日

皆さんは「多答積み重ね」というクイズをご存知でしょうか。これは、提示された選択肢の中から該当するものをできるだけ多く選ぶというもので、正解数が多い方が勝ちとなります。ただし、1つでも誤まった選択肢を選ぶと失格です。

【例題】選択肢は9個。素数はどれ?
①1 ②2 ③3 ④4 ⑤5 ⑥6 ⑦7 ⑧8 ⑨9

この例題で、Aさんが「②③」、Bさんが「②③⑤」、Cさんが「②③⑤⑦⑨」と回答したとします。正解は「②③⑤⑦」なので、正解数だけを比べるとCさんがトップです。しかしCさんは⑨という誤った選択肢を選んでいるため、どれだけ正解を選んでいても失格となります。その結果、Bさんの勝ちとなるわけです。

さて昨年の2月、某クイズサークルの例会で私は次のような問題を出したことがあります。

【問題】選択肢は10個。ジャンボ宝くじの1等賞金になったことがあるのはどれ?
①1千万 ②2千万 ③3千万 ④4千万 ⑤5千万 ⑥6千万 ⑦7千万 ⑧8千万 ⑨9千万 ⑩1億

出題当時と現在とでは、正解が変わっています。そのことは、皆さんご存知ですよね。

各種宝くじの購入代行サービス 【宝くじの福助】各種宝くじをおつかいして、郵便書留でお届け致します!
★このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
[PR]
by ufo | 2012-06-01 15:57 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/17607025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。