選挙の投票率を上げる方法を考えてみました

投票が済んだら、希望者は出口のところで「おみくじ」の筒のようなものを受け取ります。
カシャカシャと振って逆さにすると、小さい穴から棒が1本だけ出てくるやつです。
筒の中には「1」から「100」までの数字が書かれた棒が各1本ずつ入っています。
筒を受け取った人は100個の中から1つの数字を宣言します。例えば「56番」という感じ。
出てきた棒の数字が宣言した数字と同じだった場合、次回抽せんのロト7がもらえます。

ロト7は1枚300円ですので、その分の経費がかかります。
しかし、そのうち40%は発売団体の収益になるので、実質的な経費は1枚につき180円で済みます。

・投票率がアップする!
・投票に行くと100分の1の確率で8億円のチャンスを獲得できる!
・宝くじ評論家として「今回の投票の推奨数字は・・・」という予想の仕事が増える!

みんなが幸せになれると思うので、ご検討をよろしくお願いします。

※来場者数が多い投票所は、抽せんの希望者が100人になったら一旦締め切って、担当者が代表でクジを引き、1なら1番目の人、100なら100番目の人を当せんとすることで、スムーズに実施できます。
※ジャンボ宝くじの販売期間中であれば「ロト7」の代わりに「ジャンボ宝くじ1枚」でもいいと思います。
※予算に余裕があれば、「数字が同じ」なら宝くじ3枚、「前後賞」なら宝くじ1枚、というシステムはいかがでしょうか。なお、1番の前の番号は100番で、100番の後の番号は1番になります。


★このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
[PR]
by ufo | 2015-04-12 18:57 | ★ロト7 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/23892815
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。