税制面では好待遇の“宝くじ評論家”

競馬に関することで収益を出し、生活している人がいるとします。
馬券を100万円買ったところ、そのうちの90万円はハズレましたが、残りの10万円が
見事に的中し、何とそれが1000万円になりました。
この場合、手にした1000万円には「所得税」が発生します。
これは、法律で決まっているからです。
また、購入した馬券は必要経費として認められますが、当たり馬券の10万円だけです。
ハズレた90万円分は適用されません。


宝くじに関することで収益を出し、生活している人がいるとします。
宝くじを100万円買ったところ、そのうちの90万円はハズレましたが、残りの10万円が
見事に的中し、何とそれが1000万円になりました。
この場合、手にした1000万円には「所得税」や「住民税」などの税金は一切かかりません。
これは、法律で決まっているからです。
しかも、購入した宝くじは当たり・ハズレに関係無く、購入費用の全額が必要経費として
認められるのです。


宝くじの他には「サッカーくじ」も同様に、購入費用の全額が必要経費として認められます。
ですから、「サッカーくじ評論家」を職業としている人も、購入時に領収証をもらっておきましょう。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ

cogito, ergo sum -神はさいころ遊びをしない
「ロト6を当てる、唯一で、普遍的な方法」のブログはこちら
からどうぞ

ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ


他の方のロト予想を見たい方は ココをクリック!
[PR]
by ufo | 2006-11-24 23:51 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/3893390
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。