コメントありがとうございます(1)

本日6時12分にいただいたコメントに、回答させていただきます。

> どれだけ買ったら1等が当たる率より3000円が当たらない率の方が
> 高くなるかとか計算したりしてますw

面白いです!その発想、私はとても高く評価しています。
でも、そのことを普通の人に話したら、おそらく
「そんな計算したって、何の役にも立たないだろ!」
と言われてしまうかもしれません。普通の人は、そういう「何の役にも立たないこと」が
攻略への足掛かりになるとは、思ってもいないでしょうからね。

> 最後の件は恐らく末等ばっかで勝負がつかなかったんでしょうね~(笑

収録現場に立ち会っていないので真相は不明ですが、あの放送を見る限りでは、よほど
変わった買い方をしない限り「全部で15枚購入」というのは有り得ないことが分かります。
それから、何度も書くようで申し訳ないのですが、国宝優美さんは可愛かったです。

> バラで購入した場合ですが1等の当選番号 下5桁が
> 00000ならびに99999であった場合
> 前後賞が1つ入賞する可能性はないのでしょうか?

結論から申し上げますと、「可能性はない」ということになります。
普通に「バラ10枚ちょーだい!」と言うと、密封された袋入りの状態で渡されます。
これを「バラセット」と呼びます。単に「バラ」と言うと、複数の売場や違う日に購入したものを
寄せ集めた状態のものも該当してしまいます。ですから、それと区別するために
「バラセット」という言い方をします。「バラセット」で買えば、末尾番号が0~9まで入っている
ため、必ず末等の300円が1枚当たります。バラバラに買った時は末尾番号もバラバラ
なので、300円が1枚も当たらないこともあれば、2枚以上当たる可能性もあります。

ところが「バラセット」は、末尾番号だけでなく組番号も0~9まで組み込まれているのです。
(他の部分にも色々と組み込まれているのですが、今回は割愛させていただきます。)
例えば、「バラセット」で10枚買った時に「32組」が見えていたとします。
3+2=5なので、他の9枚も全て組番号の合計の下1桁が「5」になるのです。
実際に組番号を見てみると 32・23・14・05・96・87・78・69・50・41 になっています。
「06組」が見えていた場合は 06・97・88・79・60・51・42・33・24・15 の10枚、
「10組」が見えていた場合は 10・01・92・83・74・65・56・47・38・29 の10枚です。

このように組番号の十位や一位も、それぞれ0~9まで組み込まれているため、同じ組が
入ることはありません。前後賞というのは、「同じ組の前後の番号」なので、「バラセット」で
買った中に1等と前後賞は絶対に存在しないのです。ご理解いただけたでしょうか。

ちなみに「100組」は「00組」とみなすため、「100組」を含む「バラセット」の組番号は
100・91・82・73・64・55・46・37・28・19 の10種類ということになります。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ

cogito, ergo sum -神はさいころ遊びをしない
「ロト6を当てる、唯一で、普遍的な方法」のブログはこちら
からどうぞ

ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ


他の方の予想を見るには、こちらの 人気blogランキング をどうぞ
[PR]
by ufo | 2007-01-08 22:22 | ★宝くじ | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/4287271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by FANG at 2007-01-11 00:38 x
なるほど、組に関してもそのように封入されていた訳なのですね

>「そんな計算したって、何の役にも立たないだろ!」

こればっちり言われました(汗

それでも無理に「どれくらいだと思う?」と聞いてみるのですが
皆さん4桁の後半から5桁が多いですね。

私の計算では今回の年末ジャンボが890枚でした。(連番)

意外と少ないですよね~。
ちなみに私の父親は今年は300枚で末等だけでした-.-;