コメントをいただきました


火曜日のような事件が起こる度に「宝くじ評論家&アドバイザー」という仕事の“需要”と“存在意義”のあることを再認識させられます。

「宝くじは庶民の楽しみ」という感覚がありますが、その仕組みを知らずに楽しんでいる方が殆<ほと>んどのようです。尤<もっと>も、仕組みを知らないからこそ楽しめるという面もありますね。スクラッチなどが良い例です。

さて今回は、先日いただいたコメントを紹介しながら回答させていただきます。


>売上や当せん金は後回しにして、抽せん自体はやろうと思えばやれます。お役所仕事だから全部きっちりしないとダメという決まりでもあるのでしょうか。

3月4日の記事でも書きましたが、『全ての等級で当せんが出なかった場合は抽せんをやり直す』という決まりがあるためだと思います。抽せんだけを実施した場合、抽せんは公開で行われますから、今のご時世では抽せん結果(当せん数字)が瞬時に広まるでしょう。その後で「当せん者がいなかったので再抽せんします」となると、トラブルの元になります。「最初に発表された数字を見てハズレたと思い、券を捨ててしまった。どうしてくれるんだ!」と言ってくる輩がいないとも限りません。

余談になりますが、抽せんが「きっちり」されているかどうかは別として、無駄に手間をかけていると思われることも幾つかあります。
ミニロトやロト6の抽せんでは、ボーナス数字の抽せん前に球を一つ下の段に落として球の残数を数えますが、この作業って必要でしょうか。そのまま6個目(ロト6では7個目)を摘出し、それをボーナス数字にすればいいのです。
また、ナンバーズの抽せん機は7台も要りません。4台で十分です。


>オンラインシステムが停止した、とありますが大規模な停電や大地震等災害のときはどうなるんでしょうか

おそらく、クイズのルールである「出題者は神!」と同様、「主催者は神!」が適用されると思います。日程を変更して抽せんが行われるかもしれませんし、もしかしたら toto のように返金されるかもしれません。ジャンボ宝くじが一年先まで購入可能なのに対し、数字選択式宝くじが一ヶ月先までしか購入できないのは、そのような事態を危惧したものと思われます。


グリーンジャンボ宝くじの販売は、本日・3月7日(金)までです。感じの良い親切な売場でご購入ください。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ
ロト予想ブログ「神はさいころ遊びをしない 2nd」のブログはこちらからどうぞ
ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ

クチコミblogランキング TREview

[PR]
by ufo | 2008-03-07 01:21 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/7613528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。