900×1万≠900万

200万円買っていたら900万円になったのに!

昨日の記事ですが、最初は上のように書いていました。200円買って900円になったので、購入額が1万倍の200万円なら当せん金もそれに比例して1万倍の900万円になると思ったためです。

しかし、そこはプロ!
本能的に何かがおかしいと感じました。(←プロなら、書く前に気付けよ…)

1等 18口 1603万0900円
2等 188口 11万0200円
3等 3612口 9900円
4等 9万6378口 900円
販売実績額 9億7601万1200円

これが実際の数値です。もし私が同じ組合せで200万円を購入していた場合は次のようになります。(赤い字の部分が変わっています)

200万円買った時】
1等 18口 1606万3800
2等 188口 11万0400
3等 3612口 9900円
4等 10万6377口 800
販売実績額 9億7801万1000

やはり4等は900円ではなく800円になっていました。

ついでに、もし200億円買っていたらどうなっていたのかも計算してみました。

200億円買った時】
1等 18口 4000万0000
2等 188口 3152万7000
3等 3612口 21万3700
4等 1億0009万6377口 
販売実績額 209億7601万1000

1等は限度額の4000万円になり、あふれた約55億円が2等へ上乗せされるため2等も3000万円超の高額配当です。上乗せは2等でストップしてしまったため、3等は上乗せされずに規定通りの計算が行われて21万3700円です。
4等の当せん金は20円ですが、100円未満の端数は切り捨てられるため、まさかのゼロ円になります。これにより4等だけでも約20億円の切り捨て金が発生しましたが、「当せん者がいない」という理由ではないため他の等級に上乗せされることはなく、この20億円はそのまま収益金となります。

したがって「ミニロトを同じ組合せで200億円買うと当たっても損する上に、地方自治体がウハウハ!」という結論になりました。

明日は21日なので、おそらくあの方が登場して毒舌を披露するはずです。


◎おまけ◎
【200億円買ったのが全部1等だった時】
1等 1億0000万0018口 
2等 188口 236万9800
3等 3612口 21万3700
4等 9万6377口 2万0900
※事実のみを書かせていただいております。信じられない方は、みずほ銀行や宝くじ売場でご確認ください。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ
ロト予想ブログ「神はさいころ遊びをしない 2nd」のブログはこちらからどうぞ
ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ

クチコミblogランキング TREview

[PR]
by ufo | 2008-03-20 14:53 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/7695629
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。