★黄金週間のお得な情報★

≪その1≫ ミニロト情報

抽せん球が現在のものになった2003年6月5日以降に抽せんされたミニロトで、ゴールデンウイーク中にどのような数字が出ているのかをまとめてみました。カッコ内はボーナス数字です。

2004年5月4日 01 03 11 12 31 (22)
2005年5月3日 06 07 09 14 20 (22)
2006年5月2日 03 13 14 17 25 (18)
2007年5月1日 01 08 11 26 28 (24)

5つの本数字に含まれる奇数の数が 4個→2個→4個→2個 と推移しています。今年は「4個」入れてみたくなりますね。これを昨日のミニロト予想に当てはめると、半分の8通り(1600円)で済みます。一つだけ気になるのは、今年のゴールデンウイークの火曜が4月29日と5月6日の2回あるということです。


≪その2≫ 定額小為替情報

住民票や戸籍謄本などを郵送で請求する場合、その料金分の定額小為替を同封する必要があります。しかし定額小為替は 50円・100円・200円・300円・400円・500円・1000円 の7種類しかなく、例えば450円を送る時は50円と400円の2枚が必要になります。しかも発行手数料が1枚につき100円かかるので、50+100+400+100=650円もかかってしまいます。

ところが、この650円を550円にする裏ワザがあるのです!

まず、500円の為替を発行してもらいます。手数料が100円なので500+100=600円になります。そして為替を送る際、申請書に「釣銭については切手可」と記入すればいいのです。50円は切手になってしまいますが、650円かかるものが550円で済みます。浮いた100円で買った宝くじが、大きな夢を運んで来るかもしれません。もしハズレても、その100円は裏ワザを使わなければ無かったものだと思えば悔しくないですよね。


≪その3≫ Tシャツ情報

ジャンボ宝くじが登場して30年目を記念して、3000名にオリジナルTシャツが当たります。詳細は、宝くじ売場に置いてある「宝ニュース」号外をご覧ください。
でも私は、このTシャツを着て外出する勇気は持ち合わせていません。どうせなら「ひこにゃん」か「セントくん」(「せんとくん」ではないよ!)を描いて欲しかったな。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ
ロト予想ブログ「神はさいころ遊びをしない 2nd」のブログはこちらからどうぞ
ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ

クチコミblogランキング TREview

[PR]
by ufo | 2008-04-28 22:48 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/7947602
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。