ミリオンドリーム、再び!

プロの宝くじ評論家の事務所では不定期に『宝くじ会議』が開催されています。これは、これまでに販売されたもの、現在販売中のもの、これから販売されるものも含め、宝くじ全般について議論されるものです。その根底には、宝くじの発展に対する願いがあることは言うまでもありません。

さて、何かと物議をかもしながらも売れ行きだけは予想以上だった『ミリオンドリーム』。これの第2弾を発行するのなら、どういうものが良いのか?
これについて出た結論が次のようなものでした。その前に、ミリオンドリームについておさらいしましょう。


≪ ミリオンドリーム ≫
1等 100万円  1000本(下4ケタを1つ抽せん)
2等   1万円 40000本(下3ケタを4つ抽せん)
※1ユニット(30億円)あたりの当せん本数



このような賞金体系でした。計算すればわかりますが、1ユニットあたりの賞金総額は14億円になります。この欠点を改良したのがこちらです。


≪ まさにデッド・オア・アライブ ≫
1等 3億円     4本(組と番号を4つ抽せん)
2等 200円 100万本(下1ケタを1つ抽せん)
※1ユニット(30億円)あたりの当せん本数



・3億円の当せん確率は、宝くじ史上最高の当たりやすさ!
・ロトのように賞金が上下しないため、当たれば確実に3億円が手に入る!
・10人のグループ買いで当たっても3000万円ずつ山分け!100人で買っても300万円と、ミリオンドリームの3倍の金額がもらえます。
・連番で10枚買えば必ず末等が1枚当たるので、お客さんからも文句が出ません。
・末等を200円に設定したことにより、売場の人にとっては数字選択式宝くじの販売促進にもなります。
・この宝くじだけに関して言えば、売場で用意する支払い用の当せん金は100円玉だけでいいので防犯にもつながります。
・200円を換金するのが面倒という人が増えると、それだけ時効当せん金が 028.gif ので、地方自治体もウハウハです。


賞金総額もミリオンドリームと同じ14億円ということで、金額的にも発行は不可能ではありません。
みずほ銀行さん!このアイデア、いかがですか?


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ
ロト予想ブログ「神はさいころ遊びをしない 2nd」のブログはこちらからどうぞ
ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2008-06-28 21:58 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/8495651
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。