3億円に当せんした場合についての説明です

7月18日(金)まで応募受付中の「サマージャンボ宝くじプレゼントクイズ」は、最大で4名の当せん者が出る可能性があります。本来であれば抽せん前に宝くじを送るべきですが、今回は当せん発表の時点で既に3等以下の抽せんが終わっていると思われるため、下記の方法とさせていただきます。


例えば当せん金の総額が3億円、当せん者が複数名の場合、まず振込先をお尋ねします。

・当せん者が4名の時…7500万円ずつ送金させていただきます。
・当せん者が3名の時…1億円ずつ送金させていただきます。
・当せん者が2名の時…1億5000万円ずつ送金させていただきます。

実際は末等の300円も含まれるため、きちんと端数まで計算させていただきます。


さて、もし当せん者が1名だけの時、もちろん3億円を堂々と独り占めしていただいて結構です。その場合、次の2通りから選んでいただくことになります。

・振込先をお尋ねして、3億円を送金する。
または
・送付先をお尋ねして、当たった宝くじを郵送する。


ここで注意していただきたいのが「郵送」についてです。3億円の当たりくじなので、普通郵便でなはく書留で送ることになります。しかし、その書留が紛失や事故などの場合、補償される金額は「3億円」ではなく宝くじの販売価格(1枚なら300円、10枚なら3000円)となります。

それならば、最初から3億円分の保険をかけて郵送すればいいのでは?と思われるかもしれませんが、郵便物の中身を超える金額の保険をかけることはできません。(かけてもいいのですが、超えた分の補償はされないので郵便料金が無駄になるだけです)

そのような事情も考慮した上で、お選びいただければと思います。なお、上記のことは全て私自身が直接、日本郵政(郵便事業株式会社)に確認しました。
「ということは、ジャンボのハズレくじ100枚を書留で送って事故に遭ったら、販売価格である3万円を損害賠償してもらえるの?」と思われるかもしれませんが、その通りです。このことも、ちゃんと確認済みです。

信じられない方は、最寄の郵便局などでご確認ください。その際、ここに書いた答と異なる回答が返って来ましたら、私までご連絡ください。「規約が変更された」という情報をお寄せいただいたということで、ささやかですかプレゼントをさせていただきます。よろしくお願いします。


なお、いずれの場合でも当たった方の秘密は守らせていただきますし、当せん証明書の発行や、(某ドラマではありませんが)当せん後のアフターケア、ブログでは大っぴらに書けないことも受付させていただきます。当方はプロですので、安心して遠慮なくご相談ください。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ
ロト予想ブログ「神はさいころ遊びをしない 2nd」のブログはこちらからどうぞ
ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2008-07-10 00:16 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/8586546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。