「領収書のお名前は?」

…と聞かれた時に「いかでお願いします」と言えば、「いかさま」名義の領収書を手にすることができます。別バージョンとして「おとの」もあります。レストランやボーリング場などで、順番待ちの名前を記入する時にも使えますね。
「4名様でお越しの、おとのさま~っ!」

さて、そんな おとのさま が発行している宝くじの いかさま 疑惑についてコメントをいただきました。


出る球を操作して当せん数字を自由に決めているのでは?

そこまで明らかではありませんが、これに近い行為が行なわれたことはあります。興味がある方は検索してみてください。


抽選後に1等の当せん口数を水増し・後だし発券して関係者がその分を得ているのでは?→どの組み合わせが何口売れたか抽選前に公表しろ!

ロトやナンバーズは、締切から抽せんまでの間がとても短いです。
18:30 発券締切
18:35頃 誤発券したくじの処理作業締切
18:45 抽せん開始
18:55頃 当せん金額および口数の発表
このように、まさに分刻みのスケジュールで慌しく行なわれています。

…ん?
18:35~18:45まで空白の10分間がありますね。更に拡大解釈をすれば、18:35~18:55の20分間に何かしようと思えばできます。実際は何も行なわれていないはずですが、購入者がそのような疑惑を持つのは当然だと思います。
販売された組合せを公表するだけなら、10分もあれば可能です。それをしない理由は「怠慢」もしくは「不正」のどちらかです。水増し・後だし発券をできないシステムとして、2007年3月27日の記事(←クリックすると別窓が開きます)にある「独占」のようなものはいかがでしょうか。


不正疑惑が拭い切れないのは、多くの宝くじファンが現状で満足しているからです。もっと不満を口に出すようにすれば、発行元も動かざるを得ません。実際に私は何度も動かしたという実績があります。
発行許可を出している「総務大臣」に言うのはちょっと…と思う人は、発行元である「あなたの住む都道府県の窓口」へ言ってみてはいかがでしょうか。

「ジャンボ宝くじの期待値を1円アップして欲しい」と提言を送る 実現すれば1ユニットあたり1000万円分の当せん金が増える その1000万円はあなたが手にできるかもしれない

決して難しいことでは無いと思います。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ
ロト予想ブログ「神はさいころ遊びをしない 2nd」のブログはこちらからどうぞ
ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2008-10-03 14:10 | ★宝くじ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://osalin.exblog.jp/tb/9256295
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。