2011年 04月 30日 ( 1 )

前回の【初級編】で、「ロト6は自分で数字を選ぶことができる」と書きましたが、数字選びに迷ったときは、「機械にランダムな組合せを選ばせる」という買い方もできます。これがクイックピックというものです。申込用紙のクイックピックと書かれているところにマークするだけでOKです。画像では赤い丸で囲んであります。

また、ロト6はジャンボ宝くじと異なり、同じ組合せで買うことができます。もし2口買って当たれば当せん金は2倍、10口なら10倍になるからです。その場合は、申込用紙の右側にある各口数(画像の青い丸のところ)をマークします。1口だけ買う場合、ここはマークする必要はありません。

そして、ロト6の抽せんは毎週月曜と木曜に行われますが、その度に買いに行くのは大変だったり、買い忘れる可能性もあると思います。そういうときに便利なのが「継続買い」です。申込用紙の右側にある継続回数(画像の緑の丸のところ)をマークすると、これから先の5回分まで事前にまとめて購入することができます。

なお、口数と継続回数の両方を指定することもでき、その場合は掛け算で計算されます。画像の例では「クイックピック1通り」を「2口」で「5回継続」なので 200円×2×5=2000円 になります。
f0070359_203727.jpg

各種宝くじのご購入 【宝くじの福助】購入代行サービス
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ(ギャンブル全般もしくは宝くじ・ロトのどちらかが表示されます)
★このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]