カテゴリ:★宝くじ( 1148 )

これから紹介するのは、本日(2006年8月29日)現在に於いて、
最も安い郵便料金である「260円」で送ることができる方法です。
もし、これよりも1円でも安く送れる方法をご存知の方は教えて下さい。
謝礼として、もれなく「年末ジャンボ宝くじ連番10枚」を進呈させていただきます。

(ご希望であれば、それと同等品でも可能です。)
但し今回は「1通のみを差し出す」ということに限定しているため、
大量に差し出す際の割引については適用外とさせていただきます。

まず「ハガキ」を用意します。余っている未使用の年賀ハガキなどでも構いません。
くじの裏面に必要事項を記載したら、その面(くじの裏面ですよ)に糊〈のり〉を付け、
ハガキの裏面に貼ります。スクラッチ以外のくじはハガキよりも大きいので、
余った部分は表に回して貼り付けます。
糊を付ける場合は、できれば記載した部分以外のところに付けるようにしましょう。
ハガキの表に宛て先を書き、それを配達記録で送ります。
ハガキの50円+配達記録の210円=260円で送れます。

ハガキに宝くじを貼って送るなんて、そんなこと常識的に考えて無理だろ?
そんな送り方をして、本当に届くの?
と思われるかもしれませんが、実際に私はこの方法で送りましたし、
その時に郵便局からもらった控えも保存してあります。
もちろん、カタログ(敗者復活戦の景品を選ぶためのもの)も送られて来ましたよ。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログは こちらからどうぞ

他の方のロト予想を見たい方は ココをクリック!
[PR]
こういう情報って、後から知ったのでは遅いんですよね。

1000万円以上に高額当せんすると「【その日】から読む本」という冊子が
もらえるのですが、これだって当たってからもらったのでは遅すぎるのです
3億当たって興奮している人がこれを渡されても、ちゃんと理解できるでしょうか。
当たる前の冷静な状態で読まないと、意味が無いと思います。
皆さんも、何とかして事前にこの本を読み、当たってから慌てないようにして
おきましょう。本の内容自体は、なかなか面白いので読み甲斐がありますよ。

さて、「お楽しみ抽せん」で当たったくじ券の「お得な送付方法」のご紹介です。
裏面に、住所・氏名・電話番号を書き、次の3つのうち何れかの方法で送ります。
・書留(郵便料金420円・損害要償額10万円)
・簡易書留(郵便料金350円・損害要償額5万円)
・配達記録(郵便料金210円・損害要償額なし)

ここから先は、当たったのが1枚だけと仮定して話を進めます。
もし2枚以上当たった方で、どの方法が最もお得なのかを知りたい場合は、
メールをいただければお答えさせていただきます。

最もお薦めなのは、くじ券をミニレターに入れて「簡易書留」で送る方法です。
まず郵便窓口に行き、60円で売っているミニレター(郵便書簡とも言います)を買います。
これにくじ券を入れて送るのです。この場合の郵送料は、
ミニレターの60円(購入時に支払済み)+簡易書留の350円=410円になります。
ですから、差出の際に350円(もしくは同金額分の切手)が必要になります。
これならば、万が一途中で郵便物が事故に遭っても5万円までの補償が受けられます。
「簡易書留」ではなく「書留」(こちらは「簡易書留」と区別するために「一般書留」と
呼ぶこともあります)で送ってもいいのですが、郵便料金が更に70円高くなるだけなので、
お薦めできません。

また、差出の際に注意すべき点が1つあります。
「簡易書留は430円」と憶え込んでいる郵便局員の方がいるかもしれません。
その場合、430-60(ミニレターの額面)=370という計算をし、
「あと370円お願いします」と言われる可能性があるので、気を付けて下さい。
前もって350円を用意しておけば、このように言われても大丈夫ですけどね。
もしそれを知らずに370円を払ってしまった場合でも、後で還付(払い戻し)請求が可能です。

次にお薦めなのが、同様の方法で「簡易書留」ではなく「配達記録」での送付です。
配達記録は、万が一の場合の損害賠償制度は無いのですが、書留と同様に番号で
管理されるため、引き受け局・時刻から始まり、途中の状況を経て配達完了まで、
インターネットの追跡画面で随時確認することができます。
そのうえ取り扱いは書留とほぼ同じなので、事故の可能性はほとんどありません。
ロト6で3等に当たる可能性よりも低いと思っていただいても構いません。
(2等と言わないところが何とも微妙ではありますが。)
この場合、ミニレターの60円+配達記録の210円=270円になります。
ここでも、先ほどの郵便局員による思い込みによる料金過大請求の可能性があります。
290-60(ミニレターの額面)=230で、「あと230円お願いします」と言われるかも
しれません。私も、実際に言われたことあります。
しかし、「それは80円の封書の場合ですよね」と言って説明し、無事に210円の追加で
済みました。皆さん、くれぐれも気を付けて下さい。

長くなってしまいましたので、再も安い「260円」で送る方法は次回に説明します。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログは こちらからどうぞ

他の方のロト予想を見たい方は ココをクリック!
[PR]
毎年、9月2日は「宝くじの日」。この日を記念して「宝くじの日記念宝くじ」が発売されたり、
テレビで特別番組(今年は日本テレビ系列で16:00~16:55)が放送されたりしますが、
そんなことはどうでもいいことで、重要なのは「お楽しみ抽せん」の番号が何番か?
ということだけ
です。

これまでの抽せんで、実際に当たった方もいらっしゃると思います。
次回は「お得な送付方法」をご紹介させていただきます。郵便料金を安くあげることが
できるので、その分、郵便局としての収入が減ってしまうかもしれませんが、最近、
あるコトで私が郵便局に7470円の収入を発生させたので、それに比べたら十分に
お釣りの来る裏ワザだと思います。


第305回(2006年8月24日抽せん)のロト6予想

≪推奨数字≫ なし
≪選択した方がいいかもしれない数字≫ 24、37

≪削除数字≫ 31、35
≪削除した方がいいかもしれない数字≫ 01~09(補足参照)

※今週か来週のどちらかは 01~09 の9つまるごと削除可能だと思うので、
とりあえず今週にヤマをかけてみてはいかがでしょうか。


第370回(2006年8月29日抽せん)のミニロト予想

≪推奨数字≫ 09か19のどちらか
≪選択した方がいいかもしれない数字≫ 02

≪削除数字≫ 29
≪削除した方がいいかもしれない数字≫ 20、25


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログへは
こちらからどうぞ



他の方のロト予想を見たい方は ココをクリック!
[PR]
宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」

(上の下線部分をクリックしてご訪問願います。)
宝くじファン必見の、素晴らしいブログを紹介させていただきます。
初心者の方には判り易く、ある程度の知識がある方は更なる情報が得られます。
売る側からの視点というものは、買う側からしても、とても興味深いものです。

宝くじに対する情熱や思い、お客様を大切にする姿勢には、きっと深い感銘を
受けることでしょう。また、宝くじの裏事情について、そんなことまで言ってもいいの?
というギリギリの部分まで本音で書き綴っていらっしゃいます。
随所にちりばめられているユーモアのセンスも、見逃せません。

日本全国の売場が、このブログを書かれていらっしゃる夢工場・工場長様のような
考えでいてくれたなら、どんなに素敵なことでしょう。


他の方のロト予想を見たい方は ココをクリック!
[PR]
第304回(2006年8月17日抽せん)のロト6予想

≪推奨数字≫ なし
≪選択した方がいいかもしれない数字≫ 30番台から2個

≪削除数字≫ なし
≪削除した方がいいかもしれない数字≫ 01、04、17


このブログを始めて半年が過ぎました。いつも読んでいただいている皆さんに、
心から御礼申し上げます。これからも、どうぞよろしくお願い致します。
そこで、ささやかではありますがプレゼントを用意させていただきました。
これから出す問題に2問とも正解された方(全問正解者なしの場合は全ての応募者)の
中から抽せんで1名様に、オータムジャンボ宝くじ10枚連番を差し上げます
(発売中止など不測の事態の場合、年末ジャンボ宝くじに振り替えます。)
『回答』と『賞品の発送先』を明記のうえ、左記【連絡先】のメールアドレス宛てに
ご応募下さい。お一人様一通限りで、8月30日(水)必着とさせていただきます。
なお、応募の際に得た個人情報は、賞品の発送以外には使用しません。


【問題1】これは、ある回号の「ミニロト」の抽せん結果である。
1等 12口 23,277,200円
2等 142口 141,300円
3等 2,882口 12,000円
4等 88,416口 1,000円
販売実績額 944,791,400円


もしもこの時、販売されたのが1口だけだった場合、この抽せん結果はどのように
変わっていた可能性が最も高いのかを答えなさい。


【問題2】これは、ある回号の「ロト6」の抽せん結果である。
1等 1口 200,000,000円
2等 9口 32,513,100円
3等 404口 869,100円
4等 22,356口 13,800円
5等 401,299口 1,000円
販売実績額 3,733,213,000円 キャリーオーバー 125,134,321円


もしもこの時、販売されたのが1口だけだった場合、この抽せん結果はどのように
変わっていた可能性が最も高いのかを答えなさい。


『人気blogランキング』への投票はコチラ f0070359_2138942.gif
[PR]
第368回(2006年8月15日抽せん)のミニロト予想

今週は推奨数字が無いので絞りきれないため、購入は見送った。
もし買うとしたら、下記の数字は避けた方がいいかもしれない。

05・・・前回の本数字[04]と[06]の間の数字なので。
07・・・前回の本数字[06]とボーナス数字[09]の間の数字なので。
以前は、このような2個とびの間に入る数字は良く出ていたが、最近は出ていないため。
1419・・・「連続数字出現攻略法」による。
3031・・・30番台は、前回と前々回で出てしまったため。

ただし[14]と[19]は、ロト6の[04]が5回連続で出現という流れがあるため、
削除すべきかどうかは微妙なところである。


ところで、今年のサマージャンボ宝くじの結果は、如何だったであろうか。
中には「5等3000円」に当たったという運の良い方もいるだろう。
もしこれが、「5等3000円」ではなく「6等3000円」だとしたら?
同じ3000円だから、別に何とも思わないかもしれないが、
感覚的に「6等」よりは「5等」の方が気分がいいのではないかと思う。

1等 2億円
2等 1億円
3等 1000万円
4等 10万円
5等 1万円
6等 3000円
7等 300円

とすればいいものを、わざわざ

1等 2億円
2等 1億円
3等 1000万円
4等 10万円
5等 3000円
6等 300円
ハッピーサマー賞 1万円

としている理由が、おわかりいただけると思う。


『人気blogランキング』への投票はコチラf0070359_2138942.gif
[PR]
≪推奨数字≫ なし
≪選択した方がいいかもしれない数字≫ 03か04

≪削除数字≫ なし
≪削除した方がいいかもしれない数字≫
08・・・『08』月『08』日ということで、当たっても期待値が低くなる可能性があるため。
12・・・3週前から 09→10→11 という流れが出来ており、「次は 12 が来る!」と予想して買う人が多いと思われ、こちらも期待値が低くなることが考えられるので。


さて、お待ちかねの前回の続き。
「もう一ヶ所、重大な突っ込みどころ」は、次の部分である。
1枚しか買わなかったら3億は無理ですよね

例えばロト6で本数字と4つ合致していた場合、4等の当せんには該当するが、5等には該当しない。「4つ当たっているのだから、3つ当たった場合の当せん金も貰えるのでは?」という質問を目にすることがあるが、ロト6では重複当せんが認められていないため、これは仕方が無いことである。もし認められれば、1等に当せんすると自動的に3等・4等・5等も当たりとなる。その方がいいと思うかもしれないが、必然的に3等と4等の当せん金は低くなるので、一概に良いともいえないのである。

話を本題に戻そう。では、ジャンボ宝くじの場合、重複当せんが有り得るかどうか。答はもちろんYESである。抽せん会を見ていると、こんな説明を聞くことがある。
1等2億円は、末等の番号と重複当せんのため、2億300円になります
もしこれが末等ではなく、2等との重複当せんなら、このようになる。
1等2億円は、2等の番号と重複当せんのため、3億円になります

もう、ご理解いただけたと思うが、今年のサマージャンボを1枚しか買わなくても3億円を当てることは無理ではない。ここまで読んだところで、次のように思っている方も少なくないはず。
そんな、常識的に考えて起こりえない確率を持ち出すなんて公認“プロ”のお言葉とは思えないですね
その確率が身近に感じられない方は、是非とも次回を楽しみにしていただきたい。先ほど、試しに次回分の投稿をしようとしたら、「192728文字以下に減らしてから再投稿して下さい。」と表示されてしまったことが残念である。

最後に、本日いただいた中に「重複当せん」を見事に言い当てているコメントがあった。このように、何かしら宝くじについて関心を持っていただくことは、とても喜ばしいことである。庶民の夢などど言われながら、残念なことにその仕組みは殆ど知らされていない。ただ、あまり皆さんが詳しくなりすぎてしまうと私が困るので、プロの生活を脅かさない程度に詳しくなっていただければ幸いである。


『人気blogランキング』への投票はコチラ f0070359_2138942.gif
[PR]
今回の内容は、タイトルも含めて洒落の部分が殆どなので、あまり真剣に
読まないでいただきたい。ただし、書いてある内容は全て事実である。


先日いただいたコメントに
自称“プロ”のお言葉とは思えないですね
というものがある。確かに、『宝くじ評論家&アドバイザー』という職業は
資格を必要としないため、自由に名乗ることができる。
ただ、私が他の『宝くじ評論家』や『宝くじ研究家』の皆さんと違う点は、
自称”ではなく“公認”だということ。

例えば、取材や投稿でお世話になっている色々な出版社や各種メディアでは、
私のことを前述の肩書きで呼んでいただいている。
このことは、その会社が“公認”していると言ってもいいだろう。

更に、“公認”を裏付ける事例がもう一つある。
以前、まだ私が『宝くじ研究家』と名乗っていた頃、JCBカードを申し込む際、
職業欄に『宝くじ研究家』と記載したところ、審査が通りカードが発行された。
そして最近、別の用件でJCBカードを作ることがあり、今回は職業欄に
『宝くじ評論家』と記載した。もちろん審査が通ってカードが発行されている。
つまり、JCBカードに於いて『宝くじ研究家』や『宝くじ評論家』というのは
職業
として認められており、私自身、その職業の人物として“公認”されて
いるという証拠である。

もし信じられない場合は、JCBに確認をしていただきたい。
ただし、個人情報保護の観点から教えてもらえない可能性は高い。


ところで、いただいたこのコメントにはもう一ヶ所、重大な突っ込みどころがあるが、
それについては明日以降にたっぷりと書かせていただく。


『人気blogランキング』への投票はコチラ f0070359_2138942.gif
[PR]
≪選択数字≫ 37
≪選択した方がいいかもしれない数字≫ 07か10のどちらか1つ

≪削除数字≫ 26、27、32
≪削除した方がいいかもしれない数字≫ 02、39

今日のニュースで、ミサイル発射について安倍官房長官の
コメントに、「原則的に」という言葉が何度も登場した。
「原則」ということは、例外も有り得るということ。

ところで、ロト6の5等賞金について次のように記載されていることはご存知だろうか。
原則固定 1,000円
つまり、1000円以外の金額になることもあるという意味。
極端な例ではあるが、5等100円や、5等0円という可能性だってある。
もちろん、その可能性は限りなく低い。

ただ、私とあなたが同じ時代に生まれ、私のブログをこうして
読んでいただいている可能性に比べたら、5等0円になる確率は
なんて高いことだろう・・・。


『人気blogランキング』への投票はコチラ f0070359_2138942.gif
[PR]
先日、ある方から次のようなメールをいただいた。

「宝くじ売り場の横を通ったら近畿くじが発売していたので、何となく
買ってしまいました。ちゃんと『一番効率の良い買い方』をしました。
もしこれで当たったら、何か御礼をさせていただきます。」

私にとっては金銭的な御礼よりも、私の攻略法で当たったということを
広めていただければ、これほど嬉しいことはない。この方が購入された
宝くじが1等2000万円に当たるよう、願わずにはいられない。
後日、その方への返信メールで、その宝くじの図柄について書いたところ

「図柄は全然見ていませんでした。最近はこんなのがあるんですね。
買った人のうち、何割がこの柄に気付いているんでしょう。」

という返事をいただき、私は目からウロコ状態だった。
つまり、プロは裏も表も隅々まで見るが、一般の方は表のデザインも
裏の当せん金詳細も気にしていないということである。常識や価値観の
違いというものを改めて気付かせていただいたことに、心より感謝したい。

なお、当該の宝くじは私も購入してある。1等の本数は2本なので、
その方と私とで独占してしまう可能性も無きにしもあらず・・・である。


『人気blogランキング』への投票はコチラ f0070359_2138942.gif
[PR]