視点を変えれば答が見えてくるという事例

って言うかさ、ブログなんだからこんな難しいタイトルにしなくてもイインジャネーノ?って感じだよね。それはいいとして今回は、よく見かける質問を三つほど取り上げてみようかな~なんて思ったわけよ。

≪質問1≫ 昨年の年末ジャンボは1等が70本と宣伝していましたが、1等の番号は1つしか抽せんされていませんでした。残りの69本はどうなっているのですか?

これ、真面目に答えると「ユニット毎に…」ってなるんだけど、どーせユニットなんて知らないで質問してるに決まってるるんだよね。だから、こういうふうに答えようか。→「1等の番号が70種類もあったら、調べるのが大変じゃね?2等なんて140本あるから見落とす人が続出するし、新聞のスペースどれだけ使うか…ってーの。」

≪質問2≫ ロト6で「1等2億円が2口」という場合、2億円を2人で分けるのですか。それとも、2億円ずつもらえるのですか?

普通に考えればわかるっしょ。もし2人で分けるのなら、5等1000円が50万口だと、1人あたり1円にもならないって。

≪質問3≫ スクラッチくじは、全ての都道府県で1等が出るように割り当てられるのでしょうか?

そんなことねーよ。3月に出る全国くじのスクラッチなんて「1等21本」だから、どう考えても無理じゃん。都道府県は47個なんだからさぁ。

ラフな言い回しで書いたら楽かなと思いましたが、使い慣れていないせいか、普段よりも大変でした。

他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ(10%の確率で宝くじのランキングが表示されます)
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2010-01-07 19:02 | ★たまに聞くならこんな質問 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://osalin.exblog.jp/tb/12624025
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。