金か名誉か

たくさんのメール、ありがとうございます。順次お返事させていただいておりますので、もう暫くお待ち願います。
f0070359_18181673.jpg
私はプロなので、金よりも名誉を選びました。1等が100万円未満になってしまったらごめんなさい。…こういうことを書くと、また「ロト6の1等が100万をきることなど常識でありえないですよ。自称プロの宝くじ評論家さん、大丈夫ですか?」って言われちゃいそうですね(笑)

他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ(ギャンブル全般もしくは宝くじ・ロトのどちらかが表示されます)
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ
[PR]
by ufo | 2010-06-03 18:22 | ★ロト6 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://osalin.exblog.jp/tb/13879716
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 明治 at 2010-06-03 22:41 x
「ロト6の一等が100万円をきることなんて常識ではありえない」
前から気になっていましたが、そうなんでしょうか?
各等ごとに配当が決まっているロトの場合、単純に一等に当せんする人が沢山出れば普通に100万を下回ることなんてあると思うのですが、違うのでしょうか?
おそらく、ロト6の一等に100万円をきる程の人数が当せんするなんて起こりえないという意味だと思うんですが、たまに一等10口くらい出て3000万とかありますよね。
一般的に1/100万以下の確率は起こりえないとされているそうですが、1/600万のロト6の一等は、ほぼ毎週当せん者が出ていますよね。
個人的には決してありえない話じゃないと思います!
Commented by 宝くじ評論家OSALIN at 2010-06-08 01:09 x
明治さん、コメントありがとうございます。
2005年3月17日に抽せんされた第230回ロト6の1等賞金は、約181万円(当せん口数167口)でした。このことからも、決して「常識ではありえない」とは言えないと思います。
もしこの時の当せんが304口あれば、1等は100万円を下回っていましたからね。