どうして当たるの?

ロト6は、どうして毎回必ず1等が出るのですか?
609万分の1という確率なのに、なぜ当てることができるのでしょうか?


このような質問をいただきました。
ロト6は、毎週約45億円が販売されています。1口が200円なので、
45億÷200=2250万口が販売されています。
ロト6の1等の確率は609万6454分の1ということで、
2250万÷609万6454=3.69で、1等が3~4本出る可能性が最も多いと
言えます。もちろん、数字の選択には偏りが生じるため、1等が該当なしの時も
あれば、100本という時もあります。ですから、ロト6では12億円程度の売上に
つき1等が1本出てもおかしくないことになります。

これに対して、BIGはどうでしょうか。
本日抽せん(実際には“抽せん”という表現が適切かどうかは別として)が行われた
第268回BIGですが、売上金額は1億7757万3000円、1口が300円なので、
投票口数は、1億7757万3000÷300=59万1910口となります。
BIGの1等の確率は478万2969分の1ということから、
59万1910÷478万2969=0.12・・・つまり、この売上では8回に1回程度の
割合で1等が1本出ることになります。


事実のみを書かせていただきました。後は、皆さんご自身で判断して下さい。


宝くじ販売員が見た!「当たる人vs当たらない人」のブログはこちらからどうぞ
ロト予想ブログ「神はさいころ遊びをしない 2nd」のブログはこちらからどうぞ
ロト6当選番号予想「イメージシンクロ」のブログはこちらからどうぞ
★他の方の予想は、こちらの『人気blogランキング』からどうぞ
このブログの執筆者のプロフィールはこちらからどうぞ

クチコミblogランキング TREview

[PR]
by ufo | 2007-04-08 23:58 | ★ロト6 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://osalin.exblog.jp/tb/5095115
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。